2011年8月4日 星期四

坂根 正弘(さかね まさひろ)

日本工商界每年都會選最佩服的企業人士有許多年,都以松下 幸之助為龍頭,可是前幾年冒出一位風雲人物,那就是工程機械製造商小松 (Komatsu/コマツ)公司的董事長 (會長)坂根正弘

他在2006年出版過《遙遙領先的經營之挑戰 (限りないダントツ経営への挑戦: 強みを磨き弱みを改革)》介紹該公司業績和利潤作 V字型反敗為勝的經營構造的改革。

請參考《小松會長坂根正弘 逆轉勝的互助之道》《今周刊‧No.755‧頁158-62原載東洋經濟周刊 (201164日)


坂根 正弘(さかね まさひろ、1941年1月7日 - )は実業家。前小松製作所社長、現会長広島県広島市生まれ、島根県浜田市育ち。

目次

[非表示]

経歴 [編集]

広島市生まれ、1945年原爆投下の2ヵ月前に島根県浜田市に疎開しその後は同市で育つ[1]島根県立浜田高校を経て1963年大阪市立大学工学部卒業。ブルドーザーの設計技術者として小松製作所入社。1989年取締役1990年小松ドレッサーカンパニー(現コマツアメリカ)社長、1994年常務取締役 1997年専務取締役、1999年代表取締役副社長を経て2001年、同社代表取締役社長CEO就任[2]

コマツ創立以来初の赤字800億円計上という厳しい時期の就任であったが、構造改革の断行により2003年3月期には約330億円の営業黒字というV字回復を達成。欧米はもちろん、中国東南アジアインドアフリカなどの新興国グローバル展開を進め、2007年度は1700億円の経常利益を記録[3]2009年3月期には売上高2兆円、世界第2位の建設機械メーカーに導く。日本経済新聞の企業評価ランキング「PRISM(多角的企業評価システム)」で、2001年231位だったコマツを2007年2008年連続1位とした[4]。2008年デミング賞本賞受賞。2009年には米ハーバードビジネスレビュー誌の「在任中に実績をあげた実行力のある最高経営責任者(CEO)」のトップ100に、日本人トップの17位に選出された[5]

日本経済団体連合会(経団連)評議員会副議長、環境安全委員会委員長、日本ロシア経済委員会副委員長。日中経済協会副会長などの要職を務め、経団連サブサハラ(サハラ以南)地域委員会委員長として対人地雷除去活動なども行っている[6]。2010年5月、経団連副会長就任予定[7]

またコマツと縁の深い松井秀喜と2003年キャラクター契約を結び、現在も継続してサポートを続ける[8]

こうした実績から週1回はどこかで講演をこなすという人気という[9]

脚注 [編集]

著書 [編集]

  • 『限りないダントツ経営への挑戦-強みを磨き弱みを改革』 坂根正弘 日科技連出版社 2006年

外部リンク [編集]

張貼留言

網誌存檔