2007年11月22日 星期四

神様、仏様、稲尾様―私の履歴書

神様仏様、稲尾様私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

一球一球投出地奮戰模樣,即使西鐵軍團的名將們一一凋零,
『西鐵軍團的Ace』『史上最強右投手』名號的稲尾和久絕對是當之無愧。

  提到稻尾最神的傳說,自然是1958年日本總冠軍賽,接在三連敗後連勝四場的奇蹟 大逆轉!第一戰、第三戰都被三原監督推上火線的稻尾雖然2連敗,但第四戰以後場場出賽,合計共出賽6場,5場先發。稻尾更在第五戰於十局下擊出再見全壘 打,成為日職史上首位打出再見全壘打的投手!
  當西鐵贏了當年日本職棒總冠軍之後,地方新聞遂以"神様 仏様 稲尾様"來讚頌稻尾驚人的表現, 現已成為與稻尾和久本人不可分割的形容詞。過度燃燒手臂,造成漁夫之子,從小體格鍛練得極佳的稻尾職業生涯也只有短暫的8年。退休後歷任西鐵、羅德等隊監 督。後轉任專職棒球評論家,並長期擔任澤村賞選考委員。



元西鉄ライオンズの稲尾和久さん死去

2007年11月13日21時40分

 「神様、仏様、稲尾様」と称賛されて鉄腕の異名をとり、プロ野球・西鉄ライオンズの黄金期を担った稲尾和久(いなお・かずひさ)さんが13日午前1時 21分、悪性腫瘍(しゅよう)のため福岡市内の病院で死去した。70歳だった。通夜、密葬は親族のみで行い、告別式は22日午後2時から福岡市中央区古小 烏町70の1の積善社福岡斎場で。喪主は妻律子さん。

写真

福岡ドンタクズの監督として、グラウンドに立つ稲尾和久さん=01年11月、福岡市の福岡ドームで

 大分県別府市出身。56年に別府緑丘高校(現芸術緑丘)から西鉄(西武ライオンズの前身)に入団。開幕戦で初登板を果たし、21勝(6敗)を挙げて新人王を獲得した。入団当初、打撃投手として磨いた制球力を武器に、翌年もプロ野球シーズン最多タイの20連勝を達成した。

 58年には33勝でリーグ3連覇に貢献。この年の巨人との日本シリーズでは、チーム3連敗後、自らが4連勝して逆転優勝の立役者となった。第5戦では打 者として延長10回、日本シリーズ初となるサヨナラ本塁打を放っており、投打の活躍は「神様、仏様、稲尾様」とたたえられた。

 そのほか、プロ14年間で輝かしい実績を残した。1年目から8年連続で20勝以上を挙げ、61年には、戦前のスタルヒン(巨人)に並ぶ シーズン最多42勝をマーク。最多勝を4度、最優秀防御率を5度、獲得した。通算成績は276勝137敗、防御率1.98。93年に野球殿堂入りした。

 69年に現役を引退してからは西鉄やロッテなどの監督を計8年務めた。ユニホームを脱いでからも評論家として活躍。少年野球の指導にも力を入れ、陰からも球界を支えた。

 手足のしびれを訴え、10月30日に検査入院していた。


張貼留言

網誌存檔