2017年5月28日 星期日

陳時中。 王靈安


衛生福利部長陳時中日前率團趕赴日內瓦,向世界衛生組織遞交抗議函,並於27日中午返台,對於仍無法參加WHA,陳時中表示「還是很失望」,但很感謝美國等友邦發聲,也制訂相關的計畫,也表示未來仍會繼續努力。衛生福利部長陳時中19日深夜率「世衛行動團」趕赴日內瓦,並向參加WHA的各國發聲,讓世界了解台灣如何受到不公待遇,另外也向世界衛生組織(WHO)遞抗議函。

陳時中接近27日中午搭機返台,並在桃園機場接受訪問表示,這次主要是交朋友,成果相當豐碩,另外也有很多友邦發聲,也制訂相關的計畫。陳時中表示,對於此行無法參加WHA,「還是很失望」,但未來仍會繼續努力,此外,也感謝友邦為台灣發聲,更指出美國出了「很大很大的力氣」。陳也直言,由於中國政治打壓,台灣所遇到的困難也特別大。



衛生相、ジュネーブで米国含む31カ国と会談/台湾

2017年5月28日 18時47分 (2017年5月30日 04時54分 更新)

陳時中氏
(台北 28日 中央社)陳時中衛生福利部長(衛生相)は27日、世界保健機関(WHO)総会が開催されていたジュネーブから帰台し、記者会見を開いた。今年、台湾はWHO総会に招請されなかったが、26日までに米国を含む31カ国、28の国際組織と計59席に及ぶ会談を行ったことを明らかにした。今後は積極的に他国と連絡を取り合い、WHO総会への参加に向けて新たな計画を策定する方針。

陳部長は総会に参加できなくても、場外は貴重な情報交換の場であり、各国と実質的な交流を深められたことがより重要だったと説明。会談の他にも、専門的なフォーラムを2度開催したと述べた。23日にスイス保健政策協会(Swiss Society for Health Policy)と共に健康保険に関する座談会を行い、24日には疾病流行の対応策に関する国際フォーラムを開催。米国や日本などを招き、意見交流を行ったという。

今回の訪問で、WHO次期事務局長に選出されたエチオピアのテドロス・アダノム氏との面会も果たした陳部長。エチオピアは中国大陸と関係が深く、台湾とは国交がないため、WHO総会への参加が不利になることが懸念されているが、陳部長は状況が悪かったとしても、今より悪くなることはないと述べ、WHOの公正なる新たな視点の創出に期待を示した。

(張茗喧/編集:楊千慧)

-----

調酒教父-- #王靈安
收有眾多酒客祕密,他不說,獨自消化他人心事,讓夜裡的事消失在夜裡,是盡職的「守夜者」。
 
但回到家,曾相伴的人不在了,熱中社運的身體微恙了,他還是得認真聽自己心裡的聲音,守著自己的夜,像調一杯酒,嚥下人生的況味…
 
#調酒教父王靈安
專訪之二:生錯時代的人 http://bit.ly/2qjtqP2
專訪之三:孤獨的人 http://bit.ly/2plRVd6

人稱「調酒教父」的王靈安,與酒為伍40年,開店、教學、推廣洋酒,也出書談酒,被譽為「台灣第一酒保」。他用酒撫慰了一代人,他的店「南方安逸…
MIRRORMEDIA.MG|作者:鏡週刊

張貼留言

網誌存檔