2016年9月4日 星期日

小林一三(1873年-1957年),創建了寶塚。小島直記 日本 伝記文学

小島直記氏=小説家


 小島直記氏(こじま・なおき=小説家)14日、多臓器不全で死去。89歳。葬儀は近親者だけで行う。喪主は妻、ゆかりさん。
 召集体験を経て、戦後ブリヂストンに入社。仕事の傍ら執筆活動に取り組み、40代半ばで独立。「小説三井物産」「福沢山脈」など、明治以降の政財界人を取り上げた評伝文学に新たな地平を開いた。
(2008年9月14日22時02分 読売新聞)


asahi

写真小島直記さん
 小島 直記さん(こじま・なおき=作家)14日、多臓器不全で死去、89歳。葬儀は親族のみで行う。喪主は妻ゆかりさん。
 55年に「人間勘定」で芥川賞候補。政財界人の伝記など伝記文学を多く発表した。83年、静岡県長泉町に小島伝記文学館を開館した。

小島 直記(こじま なおき、1919年5月1日 - 2008年9月14日)は、福岡県八女郡福島町(現・八女市福島)の生まれの小説家。経済人などの伝記小説で知られる。
東京帝国大学経済学部を卒業後、海軍で終戦。戦後、私立八女津女子高等学校(現在の八女学院高校)や、母校でもある、八女中学(現在の八女高校)では社会科教師として教鞭をふるい、詩人松永伍一を教えたこともある。
1956年「人間勘定」で第34回芥川賞候補。1966年にブリヂストンを退社し、作家専業となる。1967年に『週刊現代』に連載した『小説三井物産』は、1981年に講談社文庫で企業情報小説シリーズとして刊行され、上下巻で20万部を売り上げるヒットとなった。
1975年の『選択』創刊号から連載したコラム「古典からのめっせいじ」が人気となり、『出世を急がぬ男たち』『回り道を選んだ男たち』など"男たち"シリーズとして単行本化。明治時代以降の人物の伝記として、松永安左エ門を描いた『まかり通る』や、『三井物産初代社長』『岡本喜太郎伝』『岡本豪夫伝』『斬人斬馬剣 古島一雄の青春』など、『小島直記伝記文学全集』全15巻がある。
1983年に、駿河銀行によって小島伝記文学館が設立される。1984年から静岡県三島市に居住していた。

[編集] 著書

  • 人間の椅子 鱒書房 1956
  • 夜の顔 四季社 1957
  • 第三の死角 小壷天書房 1958
  • 銭の壁 小壷天書房 1959
  • 遠い女 東都書房 1960
  • 隠れた顔 東都書房 1961
  • 株式会社物語 全3巻 河出書房新社 1962-63
  • 三井家の人びと 現代に生きる平家物語 光文社 1963(カッパ・ビジネス)
  • Uターン 学習研究社 1963
  • サラリーマン先人訓 日本経済新聞社 1965 「ビジネスマン先人訓」集英社文庫
  • 日本を震撼させた経済事件 至誠堂新書 1965
  • 大久保利通 至誠堂新書 1965
  • 日本さらりーまん外史 正続 日本経済新聞社 1966-67
  • 池田成彬 富と銃剣 人物往来社 1967(近代人物叢書)
  • 岡野喜太郎伝 フジ出版社 1967
  • 福沢山脈 河出書房 1967 のち河出文庫、致知出版社上下
  • 鮎川義介伝 赤い夕陽の昭和史 日本経営出版会 1967
  • 人材水脈 日本近代化の主役と裏方 日本経済新聞社 1969 のち中公文庫
  • 小説三井物産 講談社 1969 のち文庫
  • 風貌姿勢 伝記における人間像 ダイヤモンド社 1970
  • 極道 毎日新聞社 1971 のち中公文庫
  • 青雲 小林一三の青年時代 評論新社 1971
  • 先人群像 伝記とその周辺 カルチャー出版社 1972
  • 桃介・独立のすすめ 福沢諭吉直伝サラリーマン立身術 新評社 1972
  • 青春・都の西北 新潮社 1973
  • まかり通る 電力の鬼・松永安左エ門 毎日新聞社 1973 のち新潮文庫、東洋経済新報社
  • 無冠の男 新潮社 1975 のち文庫
  • 小泉三申 政友会策士の生涯 中公新書 1976
  • 風の爪あと 毎日新聞社 1976
  • ヨーロッパ《碁苦楽》旅行 毎日新聞社 1976
  • 硬派の男 経営リーダーとしての明治人 実業之日本社・新書 1977
  • 洋上の点 森恪という存在 中央公論社 1978 のち文庫
  • 異端の言説・石橋湛山 新潮社 1978 のち東洋経済新報社
  • 大過渡期 大正を動かした男たち 新潮社 1979
  • 東京海上ロンドン支店 新潮社 1980 のち文庫
  • 一期の夢 小説・福地桜痴 実業之日本社 1980 のち集英社文庫
  • ヨーロッパ旧婚旅行 ダイヤモンド社 1980 のち中公文庫
  • エンジン一代 山岡孫吉伝 ダイヤモンド社 1980 のち集英社文庫
  • 松永安左エ門の生涯 「松永安左エ門伝」刊行会 1980
  • 出世を急がぬ男たち 新潮社 1981 のち文庫
  • 三井物産初代社長 中央公論社 1981 のち文庫
  • 福沢諭吉 学習研究社 1981(歴史小説シリーズ)
  • マルクスライファイゼン 家の光協会 1982
  • 野村王国を築いた男 奥村綱雄のトコトン人生 実業之日本社 1982 のち集英社文庫
  • 剣客豹変 小説土居通夫伝 PHP研究所 1982
  • 花よりワイン ヨーロッパ還暦旅行 実業之日本社 1983
  • 疑獄 潮出版社 1983
  • 私の『言志四録』 人生を読む旅 実業之日本社 1983 のち致知出版社
  • 夕陽を知らぬ男たち 彼らはいかに生きたか 正続 旺文社文庫 1983
  • 鬼才縦横 評伝・小林一三 PHP研究所 1983 のち文庫
  • 逆境を愛する男たち 新潮社 1984 のち文庫
  • 君子の交わり紳士の嗜み 新潮社 1985
  • 志に生きた先師たち 新潮社 1985 のち文庫
  • 創業者・石橋正二郎 ブリヂストン経営の原点 新潮文庫 1986 
  • 経営者名言集 仕事の活力源 有楽出版社 1986
  • 小島直記伝記文学全集 全15巻 中央公論社 1986-87
  • 回り道を選んだ男たち 新潮社 1987 のち文庫
  • 斬人斬馬剣 古島一雄の青春 中央公論社 1988 のち中公文庫
  • 販売戦略の先駆者 鈴木三郎助の生涯 中央公論社 1989
  • 伝記に学ぶ人間学 講話録 竹井出版 1989
  • 日本策士伝 資本主義をつくった男たち 中央公論社 1989 のち中公文庫
  • 一以て之を貫く 創業者安田理雄と三光グループ 三光グループ社史編纂委員会 1989
  • 人生まだ七十の坂 新潮社 1990 のち新潮文庫
  • 晩節の光景 松永安左ヱ門の生涯 図書出版社 1990
  • 坂本繁二郎伝 八女市 1991
  • 人間的強さの研究 竹井出版 1991
  • スキな人キライな奴 新潮社 1991 のち新潮文庫
  • 読書尚友のすすめ 良き友と出会い、良き書とめぐり会う喜び 致知出版社 1992
  • 鬼よ、笑え 「旅の夏」「ガンの夏」日記 新潮社 1992
  • 老いに挫けぬ男たち 新潮社 1993 のち新潮文庫
  • 人間・出会いの研究 新潮社 1994 のち新潮文庫
  • 志 かつて日本にあったもの 新潮社 1995
  • 哲学を始める年齢 実業之日本社 1995
  • 遠い母 1985年・秋・フランス 実業之日本社 1996
  • 「断章」仏蘭西紀行 実業之日本社 1998
  • 人間の運命 致知出版社 1999
  • 一燈を提げた男たち 新潮社 1999 のち新潮文庫

[編集] 翻訳

  • ある愛欲の生涯 ドン・ジュアンカザノヴァ フェリシアン・マルソオ 大日本雄弁会講談社 1957(ミリオン・ブックス)
  • 青春の手紙 サンーテクジュペリ 大日本雄弁会講談社 1957
  • 信念と腕力 限界を打破する企業家の精神 ジョージ・ギルダー 新潮社 1986
  • リーダーシップの王道 ウォーレン・ベニス・バート・ナナス 新潮社 1987



machine Translation: Japanese » Chinese (Traditional)


小 島 直記(こじま なおき、1919年5月1日 - 2008年9月14日)は、福岡県八女郡福島町(現・八女市福島)の生まれの小説家。経済人などの伝記小説で知られる。 東京帝国大学経済学部を卒業後、海軍で終戦。戦後、私立八女津女子高等学校(現在の八女学院高校)や、母校でもある、八女中学(現在の八女高校)では社会 科の教師として教鞭をふるい、詩人の松永伍一を教えたこともある。 1956年「人間勘定」で第34回芥川賞候補。1966年にブリヂストンを退社し、作家専業となる。1967年に『週刊現代』に連載した『小説三井物産』 は、1981年に講談社文庫で企業情報小説シリーズとして刊行され、上下巻で20万部を売り上げるヒットとなった。 1975年の『選択』創刊号から連載したコラム「古典からのめっせいじ」が人気となり、『出世を急がぬ男たち』『回り道を選んだ男たち』など"男たち"シ リーズとして単行本化。明治時代以降の人物の伝記として、松永安左エ門を描いた『まかり通る』や、『三井物産初代社長』『岡本喜太郎伝』『岡本豪夫伝』 『斬人斬馬剣 古島一雄の青春』など、『小島直記伝記文学全集』全15巻がある。 1983年に、駿河銀行によって小島伝記文学館が設立される。1984年から静岡県三島市に居住していた。 [編集] 著書 * 人間の椅子 鱒書房 1956 * 夜の顔 四季社 1957 * 第三の死角 小壷天書房 1958 * 銭の壁 小壷天書房 1959 * 遠い女 東都書房 1960 * 隠れた顔 東都書房 1961 * 株式会社物語 全3巻 河出書房新社 1962-63 * 三井家の人びと 現代に生きる平家物語 光文社 1963(カッパ・ビジネス) * Uターン 学習研究社 1963 * サラリーマン先人訓 日本経済新聞社 1965 「ビジネスマン先人訓」集英社文庫 * 日本を震撼させた経済事件 至誠堂新書 1965 * 大久保利通 至誠堂新書 1965 * 日本さらりーまん外史 正続 日本経済新聞社 1966-67 * 池田成彬 富と銃剣 人物往来社 1967(近代人物叢書) * 岡野喜太郎伝 フジ出版社 1967 * 福沢山脈 河出書房 1967 のち河出文庫、致知出版社上下 * 鮎川義介伝 赤い夕陽の昭和史 日本経営出版会 1967 * 人材水脈 日本近代化の主役と裏方 日本経済新聞社 1969 のち中公文庫 * 小説三井物産 講談社 1969 のち文庫 * 風貌姿勢 伝記における人間像 ダイヤモンド社 1970 * 極道 毎日新聞社 1971 のち中公文庫 * 青雲 小林一三の青年時代 評論新社 1971 * 先人群像 伝記とその周辺 カルチャー出版社 1972 * 桃介・独立のすすめ 福沢諭吉直伝サラリーマン立身術 新評社 1972 * 青春・都の西北 新潮社 1973 * まかり通る 電力の鬼・松永安左エ門 毎日新聞社 1973 のち新潮文庫、東洋経済新報社 * 無冠の男 新潮社 1975 のち文庫 * 小泉三申 政友会策士の生涯 中公新書 1976 * 風の爪あと 毎日新聞社 1976 * ヨーロッパ《碁苦楽》旅行 毎日新聞社 1976 * 硬派の男 経営リーダーとしての明治人 実業之日本社・新書 1977 * 洋上の点 森恪という存在 中央公論社 1978 のち文庫 * 異端の言説・石橋湛山 新潮社 1978 のち東洋経済新報社 * 大過渡期 大正を動かした男たち 新潮社 1979 * 東京海上ロンドン支店 新潮社 1980 のち文庫 * 一期の夢 小説・福地桜痴 実業之日本社 1980 のち集英社文庫 * ヨーロッパ旧婚旅行 ダイヤモンド社 1980 のち中公文庫 * エンジン一代 山岡孫吉伝 ダイヤモンド社 1980 のち集英社文庫 * 松永安左エ門の生涯 「松永安左エ門伝」刊行会 1980 * 出世を急がぬ男たち 新潮社 1981 のち文庫 * 三井物産初代社長 中央公論社 1981 のち文庫 * 福沢諭吉 学習研究社 1981(歴史小説シリーズ) * マルクスとライファイゼン 家の光協会 1982 * 野村王国を築いた男 奥村綱雄のトコトン人生 実業之日本社 1982 のち集英社文庫 * 剣客豹変 小説土居通夫伝 PHP研究所 1982 * 花よりワイン ヨーロッパ還暦旅行 実業之日本社 1983 * 疑獄 潮出版社 1983 * 私の『言志四録』 人生を読む旅 実業之日本社 1983 のち致知出版社 * 夕陽を知らぬ男たち 彼らはいかに生きたか 正続 旺文社文庫 1983 * 鬼才縦横 評伝・小林一三 PHP研究所 1983 のち文庫 * 逆境を愛する男たち 新潮社 1984 のち文庫 * 君子の交わり紳士の嗜み 新潮社 1985 * 志に生きた先師たち 新潮社 1985 のち文庫 * 創業者・石橋正二郎 ブリヂストン経営の原点 新潮文庫 1986  * 経営者名言集 仕事の活力源 有楽出版社 1986 * 小島直記伝記文学全集 全15巻 中央公論社 1986-87 * 回り道を選んだ男たち 新潮社 1987 のち文庫 * 斬人斬馬剣 古島一雄の青春 中央公論社 1988 のち中公文庫 * 販売戦略の先駆者 鈴木三郎助の生涯 中央公論社 1989 * 伝記に学ぶ人間学 講話録 竹井出版 1989 * 日本策士伝 資本主義をつくった男たち 中央公論社 1989 のち中公文庫 * 一以て之を貫く 創業者安田理雄と三光グループ 三光グループ社史編纂委員会 1989 * 人生まだ七十の坂 新潮社 1990 のち新潮文庫 * 晩節の光景 松永安左ヱ門の生涯 図書出版社 1990 * 坂本繁二郎伝 八女市 1991 * 人間的強さの研究 竹井出版 1991 * スキな人キライな奴 新潮社 1991 のち新潮文庫 * 読書尚友のすすめ 良き友と出会い、良き書とめぐり会う喜び 致知出版社 1992 * 鬼よ、笑え 「旅の夏」「ガンの夏」日記 新潮社 1992 * 老いに挫けぬ男たち 新潮社 1993 のち新潮文庫 * 人間・出会いの研究 新潮社 1994 のち新潮文庫 * 志 かつて日本にあったもの 新潮社 1995 * 哲学を始める年齢 実業之日本社 1995 * 遠い母 1985年・秋・フランス 実業之日本社 1996 * 「断章」仏蘭西紀行 実業之日本社 1998 * 人間の運命 致知出版社 1999 * 一燈を提げた男たち 新潮社 1999 のち新潮文庫 [編集] 翻訳 * ある愛欲の生涯 ドン・ジュアンとカザノヴァ フェリシアン・マルソオ 大日本雄弁会講談社 1957(ミリオン・ブックス) * 青春の手紙 サンーテクジュペリ 大日本雄弁会講談社 1957 * 信念と腕力 限界を打破する企業家の精神 ジョージ・ギルダー 新潮社 1986 * リーダーシップの王道 ウォーレン・ベニス・バート・ナナス 新潮社 1987


直樹kozima (曲將直樹, 1919年5月1日-2 008年9月1 4日) ,福岡縣八女福島縣,鎮(現在的八女福島縣)出生,小說家。經濟工作和其他人已知的履歷小說。




畢業後,從東京帝國大學,海軍戰爭結束。戰爭結束後,私人八女台聯黨的女孩,高中(現在的八高中女生高中) ,也是一所學校,中學八女(八女目前高中) ,社會研究,任教於區作為一個教師,詩人松還教伍一。




1956年“人類會計”在第34屆芥川龍之介獎的候選人。普利司通離開該公司在1966年成為全職作家。 1967年起,每週的一系列現代小說,與日本三井物產株式會社, 1981年,講談社的平裝本小說的一系列公司公佈的資料顯示,在上,下卷,擊中銷售20.0萬份。




1975年,就職選擇的序號,從欄“從經典のめっ首”很受歡迎,和職業生涯急がぬ,男性選擇otokotachi繞道而行,如“男子: ”作為一個系列叢書。人的傳記,自明治時代,靖松d左門,描繪まかり通る和第一任總統與日本三井物產株式會社, tsutae kitarou岡本,岡本,澳大利亞的丈夫,精神的使命三,夫kozima青年馬,劍和,直樹ozima ,共有15卷文集的文學傳記。

1983年,駿河銀行,小島秀夫的傳記成立了文學館。三島,靜岡縣從1984年到駐地。

預訂
*主持鱒人類書房1956

*奇摩夜,面對季節1957

*花瓶小的盲點,在第三天堂書房1958年

*金錢的牆上一小壺天書房1959年

*杜冬遙遠的1960年女子書房

*杜冬面對隱藏的書房1961年

故事的所有三個分冊,公司* 1962年至1963年河出書房新社

*三井的人誰住在一個當代的故事,故事光文社出版有限公司, 1963年( Kappa值業務)

*掉頭gakken有限公司, 1963年

* 1965年日本經濟的受薪的教訓,從我們的祖先, “一位商人的生命從我們的祖先, ”集英社書店

*日本的經濟案件高的完整性震撼大會堂1965年新商品

*新商品toshimiti ookubo高度的完整性1965年3月

*日本毫不遲疑地-我將繼續積極外史日本經濟1 966年至1 967年

*彰茂池田刺刀的財富和交通的數字, 1967年(數字,在現代系列)

*富士發布岡野tsutae kitarou 1967

* 1967年, fukuzawa山其後河出河出書房書店,出版商致知向上和向下

* tsutae yoshisuke鮎川友美紅色的夕陽出版,日本管理協會一志彰1967年

能力地下水靜脈*日本和主演的作用,在現代化建設的次要角色,博中日本經濟後來的平裝本1969

與日本三井物產株式會社,後來成為平裝本小說講談社1969年*

*鑽石人間像出現在1970年的傳記立場

*中博隨後hoodlumism每日新聞平裝本1971

*肖恩一巳小林的新青年評語1971年

*傳記的祖先塑像及其周邊文化集團出版社1972年

*桃tsutae忠志原獨立的受薪yukichi fukuzawa的成功,鼓勵新的藝術評論, 1972年

shinchosha的西北部城市青年* 1973

*電影的權力まかり通る靖松1973年每日新聞社隨後離開門d shincho文庫,東洋經濟新報社

*無冕男子其後shinchosha 1975年平裝

*小泉三申yuu在日本委員會冒險家的生命chuko shinsho 1976

*風爪馬克每日新聞社1976年

*歐洲“走出去坑鬆散的”旅行每日新聞社1976年

*嚴重的商界領袖,作為一名男子haruhito晃実業之日本社1977年新商品

*恪森林就海洋而言,被後來的平裝本1978年chuokoron莎公司

*異端邪說,這句話後來石橋, 1978年,東洋經濟新報社,湛山shinchosha

*大男子動議,大正的過渡期, shinchosha 1979

東京海上shinchosha 1980 *倫敦分行隨後書店

*夢之季,其後集英社1980年平裝本小說福地桜痴実業之日本社

*老歐洲之旅的婚姻鑽石nochi博中的平裝本1980

*一代引擎山岡tsutae magokiti後來集英社1980年鑽石書店

*靖松左門時,生命“左靖松d門伝”發布委員會1980

*急がぬ職業生涯的男子隨後shinchosha 1981平裝

chuokoron沙,公司* 1981年與日本三井物產株式會社,後來成為第一任總統書店

* yukichi fukuzawa的gakken有限公司, 1981年(歷史小說系列)

*馬克思和輕內務來富埃森協會1982年

*野村綱男奧村男子建成了英國的生活tokoton実業之日本社1982年平裝本,後來集英社

*突然改變劍客小說土居tsutae mitio的PHP研究所1982年

*花卉葡萄酒從歐洲之旅還暦実業之日本社1983

*潮出版社1983年受賄案

*閆志四分鐘是我一生的閱讀旅行実業之日本社1983年,後來成為出版商致知

*日落之前,我知道,一名男子誰住或他們如何繼續積極obunsha平裝本1983年出版有限公司

* PHP的研究所天才方面的評傳一巳小林隨後平裝本1983

* 1984年shinchosha逆境愛好的男子,後來書店

*君子的成績,男子的金shinchosha 1985

* shinchosha 1985年誰,後來住在平裝本先師

*普利司通shiyouzirou石橋,創始人管理shincho平裝原來的1986年

*引述管理工作的生命線,這本書的1986年出版, yuuraku

*所有15個直樹kozima貨量選集傳記文學1986年至1987年chuokoron莎公司

*繞道而行,後來選擇了男子shinchosha 1987年平裝

*團三劍夫kozima青年chuokoron沙,公司馬隨後博中的平裝本1988

*鈴木的銷售策略的先驅,生活三郎助1989年chuokoron莎公司

*傳學習人類學講座竹井報告, 1989年出版

*日本的政治家,作出了書齋資本主義的男子隨後博中1989年平裝本chuokoron莎公司

*以上一,堅持以音樂的創始人和武satoru安田sankou組,一組sankou歷史編纂委員會1989年

*靜物70倍後,邊坡shinchosha 1990年shincho文庫

*晩節靖松離開現場,在生命的大門,我們1990年的圖書出版商

*傳輸八女nirou茂坂本, 1991年

*人力強度竹井研究出版物, 1991年

* kirai後,一個人誰隨後shinchosha 1991年shincho文庫

* yuu隆讀鼓勵遇到的一個好朋友,好和喜悅超過會議致知出版社1992年

*魔,人笑, “夏季旅遊”和“槍將在今年夏天”日記shinchosha有限公司, 1992年

*挫けぬ歲男子,於1993年誰,後來成為shinchosha shincho文庫

* 1994年shinchosha的人體試驗研究,隨後會見了shincho文庫

*日本一旦它是在1995年shinchosha

*年齡哲學実業之日本社1995年開始

*法國在1985年秋天,遙遠的母親実業之日本社1996年

* “片段”法國旅行実業之日本社1998年

*致知人類命運出版商1999年

*提げた男子輕1999年shinchosha隨後shincho文庫

*唐璜,並以滿足人的生命kazanova ferricyanic marusoo演講的社會,日本講談社1957年(萬冊)

*青年演講社會日本的講談社的信santekujuperi 1957

*信念和強權的力量,衝破極限的創業精神,喬治gilder shinchosha 1986

*領導的皇家道沃倫伯特nanus shinchosha威尼斯1987




台灣
霸者條件 / 小島直記等著,葛東萊譯,出版社:方智,

錦繡。/。企業人必讀100。/。小島直記。//。70。大器晚成
☆十年書坊☆小島直記.邦光史郎等~財閥列傳2 三井財閥(精裝典藏版)



----
我的生活方式︰寫給年輕人的人生經驗書.
小林一三 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/小林一三
小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする ...
~~~~
崖っぷちから大逆転!日本人の生活を変えた男 小林一三
【あす夜】先人たちの底力 知恵泉
[Eテレ]9月6日(火) 午後10:00~10:45
http://www4.nhk.or.jp/chieizu/x/2016-09-06/31/9770/1494126/


当店「知恵泉」では、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりとご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。
WWW4.NHK.OR.JP|由日本放送協会上傳


小林一三,創建了寶塚的男人
2014.08.29

寶塚的目標是要培養這樣一種日本女性,現役時代「清純、正直、美麗」,退役後做一個「賢妻良母」。奠定了這一傳統路線的人,就是擁有實業家、小說家、政治家和茶道師等多個面孔的小林一三(1873年-1957年)。

一切都是「為了增加電車乘客」

寶塚大劇場的正門(4月10日)
從大阪的北門戶——梅田出發,乘坐阪急​​電鐵的快速列車,大約30分鐘就能到達寶塚。如今,寶塚作為寶塚歌劇的「聖地麥加(Mecca)」廣為人知,但是在阪急電鐵的前身——箕面有馬電力軌道開業的1910年,那裏還只是一個武庫川流經的村子。河右岸僅有一個簡陋的溫泉浴場,現在寶塚大劇場所在的左岸只有幾戶零星的農家,河灘上是在一片幽靜的松林。
連接城市(大阪)和鄉村(寶塚)的電車雖然開通了,但是沿線人口不多,旅客也很少。先期開通的「阪神電力鐵道」(1905年開業)連接了大阪和神戶這兩個大城市,可以說是箕面有馬電力軌道的競爭對手。小林一三是實際上的經營決策者,為了增加乘客數量,他將自己一直醞釀的一個想法付諸實施:開發沿線住房和開設大眾娛樂設施。
小林買下原來那家溫泉浴場對岸的填埋地,建成「寶塚新溫泉」。寶塚新溫泉的大理石浴池和宏偉的設施博得了人們的喜愛,不過後來在旁邊建造的新型娛樂中心「Paradise」室內游泳池卻是一大敗筆。「沒有陽光直射,水非常冷,甚至遊5分鐘都堅持不下來。當時我們並不知道,國外的游泳池都是將鐵管通到水中,再輸送蒸汽來調控水溫。」(《逸翁自述傳》)
將阪急寶塚站和寶塚大劇場連接起來的「花之道」(4月10日)
該怎麼利用這座關閉的游泳池呢?這就到了創意無窮的小林一三發揮真本領的時候了。他將水抽乾,把水池改造成觀眾席,把更衣室改造成舞臺,讓女孩子們在這裏唱歌演戲。來泡溫泉的人都可以免費觀看少女表演的歌劇,隨著日子一天又一天過去,歌劇越來越受歡迎,持續了兩個月的首演幾乎場場爆滿。這就是後來延續了100年之久的「寶塚歌劇」的起源,世間之事真是妙不可言。
特別值得一提的是,小林並沒有讓非專業的少女們在短期培訓後就立刻登臺演出。他招募的是喜歡唱歌的良家少女,並且支付給她們高出一般水準的薪俸。除了對她們進行音樂教育以外,還十分負責地進行人格和教養方面的教育。

從小對戲劇的熱愛開花在創立歌劇團之上

小林一三肖像照(圖片提供:向山建生)
產生少女歌劇的靈感源於三越和服店(現在的三越百貨)為招徠顧客而成立的少年音樂隊。 20-30名可愛的樂手身穿西服,斜戴著飾有羽毛的帽子歌唱,這樣的形象大受歡迎。「於是我決定,寶塚新溫泉也要向他們學習,接受三越的指導,成立女子音樂隊。」(小林一三《寶塚回憶錄》青空文庫)
一三令人欽佩之處在於,他不會只停留在想法上。他為了實現公演付出了巨大的努力,並積極培養人才,這些都超出了一個經營者的分內職責。
他為什麼要如此投入?為了解開這個秘密,我們必須追溯到一三的幼兒時代。一三出生在能夠望見富士山的山梨縣韭崎市。居住在同市市區的小林一三研究家、山梨大學客座教授向山建生介紹,一三出生的家庭是一個富裕的商人家庭,從小就經常出入小學附近的戲園子。後來考進了東京慶應義塾大學,更是頻繁地去戲園聽戲,看歌舞伎。他還喜歡寫作,甚至在家鄉的山梨日日新聞上連載小說。
從慶大畢業之後,一三就進入三井銀行(現在的三井住友銀行)工作了15年。由於銀行職員的工作不合他的性格,在大阪工作時期他又沉溺在小說和戲劇的世界。他出入大阪的遊樂街交往藝人雅士反倒更加頻繁,這些經驗和交流終於在創立寶塚歌劇團上開花結果了。

「唯有女人才能營造出的氛圍」

2004年寶塚歌劇團宙組公演《Phantom(歌劇魅影)》中擔任主演的和央Yoka和花總Mari(2004年2月24日,圖片提供:時事通信社)
只有未婚女性才能夠登上寶塚的舞臺。這是因為要想徹底給觀眾營造一個「夢幻世界」,就不能把「現實世界」中生活的感覺帶到舞臺上來。而且,也只有在嚴格貫徹「清純、正直、美麗」這一理念的寶塚音樂學校修習了2年的畢業生,才能登上舞臺。這一點和歐美的歌劇、音樂劇每當推出新劇目時進行選拔角色並組團的運營方式有著根本的不同。
一三曾經指出,「我們的歌劇團,是不可能把男演員培養到這個程度的。就像做菜,做出頂級美味的或許的確是男廚師,但是在家裏能很快做出一桌飯菜的還是女人。現在的寶塚大約也就400-500名學生,如果換成是男人那根本做不下去。估計全年都在打架吧。寶塚有一種男人世界裏沒有的、唯有女人才能營造出的氛圍。」(小林一三《寶塚回憶錄》青空文庫)

堅守純正血統

寶塚歌劇團得以持續存在100年,是因為加拉巴哥現象(Galápagos Syndrome,在日本國內獨自進行高度進化,與世界標準相去甚遠的現象)的緣故。只有從寶塚音樂學校畢業的日本未婚女性才能進入歌劇團,寶塚一直固執地堅守著這種純正血統主義。寶塚不像百老匯(Broadway)的音樂劇,並不對那些擁有卓越技能的外部人才以及最適合表演劇目的專業人才敞開大門。
日本的傳統藝能中,歌舞伎是由男人飾演女人的「全男人世界」。這也可以說是一種加拉巴哥現象。對此,一三曾有過這樣的論述:「曾有人認為歌舞伎的男扮旦角形象很不自然,必須加入女演員。時常也進行過這樣的嘗試,不過最後人們明白了,沒有男扮旦角的歌舞伎不能稱之為歌舞伎。女人眼中的男角,是比男人還要男人的存在。最懂得男性美的是女人。而由女人精心琢磨後飾演的男角,在女人看來比真實的男人更能讓女人傾慕。這便是寶塚的男角最耀眼之處。」(小林一三《寶塚回憶錄》青空文庫)
小林一三所致力於培養的寶塚明星們的形象是「清純、正直、美麗」。這正是日本男人所嚮往的「傳統日本女人--大和撫子」(清秀、端莊、恭謹。在男人身後默默支持,心甘情願為男人奉獻的勤勞女性),退役後則是賢妻良母。寶塚的舞臺正是給了男人們這樣一個理想女性的形象。

大放異彩的「製作人式企業家」

小林一三是一位具有獨創性的創業者,他以電鐵為核心事業,以大眾為目標人群,興創了各種各樣的事業。他率先將購房貸款制度引入日本,將原本只是鋪設線路的鐵道事業與沿線住宅開發結合起來,創立了獨特的商業模式。他還在終點站梅田開設「阪急百貨店」,並在頂樓的大眾餐廳提供日本家常菜的咖哩飯。
將小林的舊宅洋房「雅俗山莊」復原後設立的小林一三紀念館(大阪府池田市)
兼任東京電燈(現在的東京電力)社長時,他提出了為出差來到東京的公司職員提供旅館的構想,於1938年開設了日本第一家商務飯店「第一東京酒店」(新橋,現在的阪急阪神第一酒店集團)。他還參與了東京急行電鐵創業之初的經營,以及田園調布的開發。
小林一三和那些只知道下命令的經營者完全不同。他被稱為「製作人式的『職人』」。他還充分發揮自己曾創作小說的文才,在箕面有馬電力軌道開業前景黯淡時,他印刷了1萬冊名為《最有前途的電車》的宣傳單,遍發大阪市內。在推銷住宅用地時,他也製作了《應該選擇什麼樣的土地?應該住在什麼樣的房子裏?(住宅用地指南)》的宣傳單。
一三製作的企業廣告的品味也十分出眾,甚至超越了如今的電視廣告。他的巔峰之作是在神戶線開通時為了和對手競爭而製作的新聞廣告(1920年):「新開通去往神戶(大阪)的快車,乾淨、快速、人少,窗外景色悅目,車內涼爽舒適」。一三曾經創作過20部以上的寶塚歌劇,聯想到他的文學才華,倒也不覺得意外。
在展板前講解小林一三生平的向山建生(3月27日,韭崎市內的家鄉偉人資料館)
他還是一位政治家。1940年,他曾擔任第2次近衛內閣中首位民間的工商大​​臣。然而,他與後來繼任工商大臣的工商官僚岸信介副大臣意見對立,不到一年就辭職了。二戰剛結束的1945年,他也曾在幣原內閣中擔任國務大臣兼戰災復興院總裁,不過又因為盟軍總部的公職追放令(公職人員整肅令──譯註)辭職了。
小林一三創立的事業數不勝數,「但是他最想從事的事業是生活文化方面的。他認為自己的事業如果沒有和生活密切相關,就沒有任何意義」——向山健生指出。
其中,一三最熱愛的事業正是平民百姓能夠輕鬆欣賞的寶塚歌劇。有的坐席的確很貴,但是坐在便宜的座位上也絲毫不影響觀劇的樂趣。「這和棒球比賽的外野席位、相撲比賽的3樓席位一樣,全年都能享受。不一定非要近在眼前才算欣賞。很輕鬆地就能親近文化,這才是源於生活的文化吧!」(向山健生)
採訪、撰文、圖片:長澤孝昭(Nippon Communications Foundation高級編輯、記者)
標題圖片:寶塚歌劇團100週年紀念慶典上,共計460名寶塚明星和寶塚音樂學校的學生一起合唱(2014年4月5日,寶塚大劇場,圖片提供:神戶新聞社)


張貼留言

網誌存檔