2015年6月2日 星期二

James Heckman 、蔡英文 Tsai Ing-wen

James Joseph Heckman (born 19 April 1944) is an American economist and Nobel laureate. He is the Henry Schultz Distinguished Service Professor of Economics at the and Director at the Center for the Economics of Human Development at the University of Chicago, and a Senior Research Fellow at the American Bar Foundation.
Heckman shared the Nobel Memorial Prize in Economics in 2000 with Daniel McFaddenfor his pioneering work in econometrics and microeconomics. He is considered to be among the ten most influential economists in the world.[1]

主要な業績[編集]

  • 1978年の論文(Econometrica)によって内生ダミー変数の扱いを論じ、ヘックマンの二段階推定法(通称 Heckit)と呼ばれる推定方法を提案した。この内発性は、計量経済学者には観測されない個人のみが知っている要因が存在し、それに基づいて予想されたTreatment Effectによって個人がTreatmentを選択していることが前提となっている。つまり、データとなるTreatmentを受けたグループとTreatmentを受けなかったグループでは、Treatment Effectは必然的に異なり、Treatmentを受けなかったグループがTreatmentを受けた際(Counterfactual)のTreatment Effectを推定可能にした。様々な政策評価や賃金の教育に対するリターンなどで利用されている。
  • Selection Biasに留まらず、通常の回帰では個人間で一定とされてきた係数は、様々な集団によって異なるというリターンの多様性を強調している。2005年の論文(Journal of Labor Economics)では、異なる集団(テスト時における学年の違い)によって異なるFactor Loadingsを許容するFactor AnalysisをNoncognitive Factor、Cognitive Factorの双方で用いた。
  • 1985年の論文(Richard Robbとの共著)以来、Treatmentモデルの精緻化を続けている。
  • 論文の特徴としては、現実の労働経済に関する豊富な知識から得られる問題意識を、様々な統計手法を用いて計量経済モデル化し、実データを用いて分析するという三段構えのものが多く、長大化する傾向がある。論文生産量はコンスタントに年5本以上という計量経済学者らしからぬハイペースを続けている。あまり査読にかけられないのか読みにくい論文も多く、院生泣かせな研究者である[要出典]

著書[編集]

共著[編集]

  • Inequality in America: What Role for Human Capital Policies?, with Alan B. Krueger, (MIT Press, 2003).

共編著[編集]

  • Longitudinal Analysis of Labor Market Data, co-edited with Burton Singer, (Cambridge University Press, 1985).
  • Law and Employment: Lessons from Latin America and the Caribbean, co-edited with Carmen Pages, (University of Chicago Press, 2004).



smile 表情符號


在芝加哥大學和諾貝爾經濟獎得主James Heckman會面,能充分和他討論經濟、勞動到教育等議題,得到政策思考上的啟發,真是令人感到暢快。雖然幕僚頻頻提醒時間已經超過很久了,但我們欲罷不能。

Heckman在2000年得到諾貝爾經濟獎,近年來,他的研究興趣專注在教育與經濟的關係,他發現兒童在三歲至八歲間受到的照顧,將影響其未來的發展,也因此,他建議政府應針對社會弱勢兒童的教育問題採取必要手段,用政府的力量,來補足孩子在成長過程中因家庭貧富差距而造成的教育落差。


很多人說,學院象牙塔中的研究與現實世界有落差,但我在與Heckman的會談中感受到,學院裡的札實研究,是制定政策時有力的參考座標。
張貼留言

網誌存檔