2008年9月1日 星期一

Ernst Cassirer

手頭上 卡西爾《盧梭康德歌德》 北京:生活·讀書·新知三聯書店 2002
翻翻 不過這不是他的主要著作


Ernst Cassirer的作品 日本和漢文翻譯的 大異其趣


作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カッシーラー
カッシーラー

エルンスト・カッシーラーErnst Cassirer, 1874年7月28日 ブレースラウ - 1945年4月13日)は、ユダヤ系のドイツ哲学者思想史家

マールブルク大学コーエンに学び、新カント派マールブルク学派の中心的な存在となる。 『認識問題』で中世思想から近代思想を認識論の問題を中心に論じ、 『実体概念と関数概念』で近代的な科学の認識論的な転回として、実際に見ることの出来る、実体概念から、関数的な記述によってのみ捉えられる、関数概念への移行を分析し、 『シンボル形式の哲学』での人文社会科学の横断的な研究から独自の哲学的人間学を構築した。 これらの著作によって、マールブルク学派とは一線を画すようになる。

1929年にかの有名なハイデガーとのダヴォス討論を行なう。一般的にはこの世紀の対決はハイデガーの勝利だと言われている。 ハンブルク大学の学長となるが、ユダヤ系のためナチス政権樹立とともに、英国、スウェーデン、米国と転々とし、ニューヨークで亡くなった。

他にも、ルネサンス研究、科学論等の業績があり、カッシーラーの思想は新カント派の射程に収まらないもの持ち、ドイツの哲学者ブルーメンベルクにも影響を与えている。

[編集] 著作


Partial bibliography

  • Substance and Function (1910), English translation 1923
  • Kant's Life and Thought (1918), English translation 1981
  • Philosophy of Symbolic Forms (1923–29), English translation 1953–1957
  • Language and Myth (1925), English translation (1946) by Susanne K. Langer
  • Philosophy of the Enlightenment (1932), English translation 1951
  • The Logic of the Humanities (1942), English translation 1961
  • An Essay on Man (written and published in English) (1944)
  • The Myth of the State (written and published in English) (posthumous) (1946)

[edit] See also

[edit] External links

張貼留言

網誌存檔