2014年3月26日 星期三

Maurice Bejart, 簡珮如

美麗的喜訊。
喜訊!!!
入團才三年,台灣女舞者簡珮如從獨舞者一躍成為瑪莎葛萊姆舞團首席!
在上週瑪莎舞團紐約演出季中,簡珮如在兩個分別由希臘編舞家安東尼斯及國際編舞大師納丘杜阿托世界首演的作品中獨挑大梁,震撼美國舞壇!"PeiJu Chien-Pott,A knock-out performer”,對簡珮如極為出色的表演,紐約舞蹈雜誌、紐約時報等十幾家媒體都不吝贊譽之詞。這位畢業於北藝大之前就已引起台灣舞壇重視的女舞者,終於在世界現代舞傳奇中,寫下屬於自己的精彩一筆!
好樣的珮如!我們以你為傲!!!
張曉雄
2014.3.25
望山居
Dance Magazine http://www.dancemagazine.com/blogs/wendy/5725
"PeiJu Chien-Pott
A knock-out performer, Chien-Pott starred in both world premieres this season. She's great in the fluid, whipping-around choreography of Andonis Foniadakis in Echo and absolutely electric as the twitchy, animal-like, crazed-goddess soloist in Nacho Duato's Depak Ine. She has that rare filament-like quality that I haven't seen since Little Yuriko."
照片:吳純如



Maurice Bejart, 80, Choreographer, Is Dead
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: November 22, 2007

Filed at 7:24 a.m. ET
LAUSANNE, Switzerland (AP) -- Maurice Bejart -- who sought to bring ballet to younger audiences with his provocative choreography, stunning critics with his avant-garde dances -- died Thursday, his ballet company said. He was 80.
Bejart, who had been hospitalized last week with heart and kidney problems, died early Thursday morning at Lausanne's University Hospital, said Emmanuel de Bourgknecht, administrator of the Bejart Ballet Lausanne.
Bejart, born in Marseille, France, set new standards for ballet in a career that spanned five decades. His signature work was Stravinsky's "Rite of Spring," which in 1959 was his first production with Belgium's Monnaie Theater. Clad in sleek, shiny tights, the dancers created an erotic aura with impulsive, natural movements that would become a standard for his interpretations.
His Ballet of the 20th Century, formed a year later, became hugely successful on the back of his provocative choreography, helping to raise annual attendance at the Brussels theater from 40,000 to 250,000. He later left for Lausanne after clashing with the management at the Monnaie, which he accused of concentrating on opera at the expense of ballet.
Bejart was born Maurice Jean Berger. His mother died when he was seven, and his father was from a poor background but worked as a fertilizer salesman while teaching himself Chinese and eventually becoming a teacher and later general chief of universities.
The diminutive Bejart made his debut as a dancer in his hometown in 1954.
A product of classical ballet, Bejart constantly blurred the lines between modern and classical in works such as Ravel's "Bolero," Beethoven's "Ode to Joy" and Berlioz's "Romeo and Juliet."
He made his New York debut in 1971. Even though critics were disappointed, he repeatedly returned for engagements before adoring audiences.
In 1985, he opened the 20th Century Ballet season in New York with a two-hour murder mystery dance that was typical of his love for piecing together collages of classical dance with shards of humor and camp, changes of pace and direction, snippets of varied music and flashes of wit.
In a performance of Oscar Wilde's "Salome" -- in which a female dancer is supposed to ask for the head of John the Baptist -- Bejart gave the title role to a young man in a skirt.
Bejart, a close friend of the late fashion designer Gianni Versace, recently wrote and choreographed a two-part ballet, "Thank you, Gianni, With Love," which played in Milan on the 10th anniversary of Versace's murder.
------
Associated Press writers Eliane Engeler and Clare Nullis contributed to this report.



モーリス・ベジャール氏が死去-世界的なバレエ振り付け家


世界的なバレエ振り付け家のモーリス・ベジャール氏=写真=が22日、在住先のスイス・ローザンヌで死去した。80歳だった。
 現地メディアによると、10月から心臓や腎臓などの不調を訴え、今月中旬から入院していた。
  仏・マルセイユ生まれ。60年、ベルギーで「二十世紀バレエ団」を結成。81年公開の仏映画「愛と哀しみのボレロ」で振り付けを手がけ世界的人気を集め た。87年には本拠をスイスに移し「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」と改称。哲学者の父の影響で東洋思想に興味を持ち、三島由紀夫を題材にした「M」、 「忠臣蔵」をバレエ化した「ザ・カブキ」を東京バレエ団に振り付け、日本とも親交が深かった。86年に勲三等旭日中綬章を受章、93年に第5回高松宮殿下 記念世界文化賞を受賞した。



 [ジュネーブ 22日 ロイター] 現代舞踊界の重鎮の1人、フランス人振付師のモーリス・ベジャール氏が22日、スイスの病院で亡くなった。80歳だった。同氏が創設した「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」のスポークスマンが明かした。

 ベジャール氏は、腎臓と心臓の疾患のため、最近数カ月間入退院を繰り返していた。

 ベジャール氏はフランス南部のマルセイユで誕生。1959年の「春の祭典」で人気を得た。代表作に「ボレロ」や「さすらう若者の歌」、「火の鳥」、「レニングラードの想い出」などがある。

  20世紀最大の振付家のひとり。「春の祭典」(1959年)、「ボレロ」(60年)で世界的名声を得て以後、半世紀にわたりずっ と世界のバレエの最前線にいた。その作品は哲学的かつ官能的、そして祝祭的である。60年以来、ベルギーを本拠に活動していたが、87年にスイスのローザ ンヌに活動拠点を移す。日本とも縁が深く、「仮名手本忠臣蔵」をバレエ化した「ザ・カブキ」や、三島由紀夫をテーマにした「M」といった作品もあり、しば しば来日した。2007年11月、80歳で他界。


ベルサイユ宮殿の水上に舞う 東京バレエ団が追悼公演

2008年7月2日23時24分
印刷
ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録
写真パリ郊外のベルサイユ宮殿で1日、「春の祭典」を披露する東京バレエ団。アーノルド・グロッシェル氏撮影
 【パリ=飯竹恒一】日本を代表するバレエ団の東京バレエ団が1日夜、パリ郊外のベルサイユ宮殿で、昨年亡くなったフランスの世界的な振付師、モーリス・ ベジャール氏の追悼公演を行った。中庭の「ネプチューンの泉」に設けられた水上舞台で、親交が深かった同氏振り付けの「春の祭典」「ボレロ」などを上演、 約7千人の観客を魅了した。
 公演は、空に明るみが残る午後9時すぎに開始。最後の「ボレロ」の頃は一帯は真っ暗で、水上に浮かび上がった舞台で、男性ダンサーたちが囲んだ赤い円卓に共演のフランスのバレリーナ、シルビー・ギエムさんが上り、ソロを披露した。
 公演はバレエ団の欧州ツアーの一環。


張貼留言

網誌存檔