2015年12月25日 星期五

Harold Pinter(1930- 2008) 品特

For Harold Pinter, words were offensive, defensive, knives, barriers, stones, a "mocking smoke screen": truth was always being smothered. The playwright died on this day in 2008
Playwright Harold Pinter died on December 24th 2008
ECON.ST


Harold Pinter, Whose Silences Redefined Drama, Dies at 78
Mr. Pinter, a widely imitated British dramatist, captured the anxiety and ambiguity of his era with terse, hypnotic dialogue filled with gaping pauses.
  • Back Story: Ben Brantley on Pinter's Legacy



哈洛‧品特(Harold Pinter (1930- 2008))以「脅迫性喜劇」(comedy of menace)享譽文壇--2005年榮獲諾貝爾文學獎 (作品中「揭露了日常瑣碎閒談底下隱藏壓抑的危殆絕險,迫使讀者正視壓迫的本質。」 --劇作家地位被譽為足以和貝克特、卡夫卡並列。板球高手....


品特1930年生於倫敦,父親是猶太裔裁縫。反猶太的歧視經驗,對他有重要影響,而倫敦二戰期間遭轟炸,對他造成深刻衝擊。一生共寫了32部劇本,「生日舞會」、「看房子的人」、「重回故里」都是早年轟動文壇的代表作。後期開始寫詩,晚年痛批美國總統布希入侵伊拉克更反對英國參與,當時的英國首相布萊爾也成箭靶---參考諾貝爾獎網站受獎錄音演說。

他將日常生活的瑣碎閒談,夾帶的停頓和沉默,賦予令人感到威脅與不安的意義,獨特的語言風格被稱為「品特風」(Pinteresque),形容品特戲劇中特定氛圍及環境。品特為電影「法國中尉的女人」改編劇本,成功地另類處理作品中三種可能的三生三世之結局。



写真ハロルド・ピンター氏=ロイター
 【ロンドン=土佐茂生】英メディアによると、英国の劇作家で05年にノーベル文学賞を受賞したハロルド・ピンターさんが24日、死去した。78歳だった。妻が明らかにした。長くがんを患っていたという。
 30年にロンドン北東部でユダヤ系ポルトガル人の家庭に生まれた。51年に舞台俳優を始め、57年に初の戯曲「部屋」を執筆。59年の「管理人」で劇作家の地位を確立した。
 追い詰められた人間を突き放した目で見つめ、乾いた笑いを生む作風で知られる。代表作に「昔の日々」「誰もいない国」など。地下室で仕事を待つ2人の殺 し屋が登場する「料理昇降機」は日本でも上演されている。「フランス軍中尉の女」「スルース」など映画の脚本も執筆した。
 05年にノーベル文学賞を受賞。スウェーデン・アカデミーは授賞理由を「日常のおしゃべりに潜む危機を暴き、抑圧された空間に入り込もうとした」としている。
 政治的発言も多く、99年の北大西洋条約機構(NATO)のユーゴスラビア空爆に抗議。03年のイラク戦争開戦にも反対の立場を示した。ノーベル 賞の受賞講演ではイラク戦争を「露骨な国家テロ」と糾弾、主導したブッシュ米大統領とブレア英首相(当時)を「戦争犯罪人」と呼び、国際刑事裁判所 (ICC)に訴追するよう訴えた。
張貼留言

網誌存檔